いろいろな野菜をバランス良く食べる


野菜にはいろいろな栄養素が含まれていますが、一般的な野菜と栄養素についてもう一度確認してみましょう。
ニンジンにはカロテンが豊富に含まれている事は有名ですが、このカロテンはいろいろな病気に対して有効な栄養なのです。

緑黄色野菜に含まれているものですが、その中でもニンジンやカボチャには豊富に含まれています。
カロテンは加熱調理をしても栄養価が変わらないのですが、油脂と一緒の摂取することで吸収率が上がるのです。

ですから炒め物などで食べるといいのではないでしょうか。
インドール類・ジチオールチオニンというものは、抗ガン物質と言われていますが、これが豊富に含まれている野菜もあります。

それはキャベツやブロッコリーといった、アブラナ科の野菜なのです。
ガンの予防を考えている人は、こういった野菜を食べるといいのではないでしょうか。
もちろんキャベツには他にもビタミンCやビタミンKもたくさん含まれています。
トマトにもビタミンが色々と含まれていて、ビタミンCやビタミンPを含んでいる野菜なのです。

これらのビタミンは毛細血管を強くしてくれるので、脳出血の予防に繋がるのです。
大根にもビタミンCが含まれていますが、大根の葉にはカロテンが豊富に含まれているのです。
他にも大根にはジアスターゼという酵素が含まれており、消化を助けてくれる働きがあります。
野菜にはそれぞれ違った栄養が含まれているので、バランス良く摂取しましょう。