野菜は緑黄色野菜だけではない


野菜を食べるといっても、一般的には「緑黄色野菜」を考える人が多いと思います。

ですが野菜には「緑黄色野菜」だけではなく「淡色野菜」も存在するのです。
これらの違いに関しては、中まで色が濃いものを緑黄色野菜といい、そのほかを淡色野菜と呼ぶようです。
実際には色素成分である「カロテン」の含有量によって変わってくるのです。
可食部100gあたりのカロテンの含有量が、600μg以上か未満によって分けられているようです。
カロテンが多く含まれていると、それだけ中身まで色が濃くなっていくのです。
カロテン自体は色を濃くするだけではなく、ビタミンの一種になっています。
しかもカロテンはいろいろな病気に対して予防効果が高いと注目されている栄養素なのです。
緑黄色野菜としては、ニンジンやホウレン草が有名ではないでしょうか。

他にも春菊や小松菜、ブロッコリーやニラなどもあります。
大根の葉やカブの葉に関しても緑黄色野菜に含まれますが、逆に大根やカブに関しては淡色野菜に含まれるのです。

他にもモヤシやネギ、レンコンなども淡色野菜になります。

やはり色の白っぽいものが淡色野菜に含まれるのです。
野菜は1日に350g摂取することが推奨されていますが、これを一度に食べるとなると結構大変になってきます。
ですが1度に食べるのではなく1日に3食と考えると、1回の食事で摂取するのはそれほど無理な量ではないと思えるでしょう。