新着情報

●2014/08/20
いろいろな野菜をバランス良く食べるの情報を更新しました。
●2014/08/20
野菜は緑黄色野菜だけではないの情報を更新しました。
●2014/08/20
生野菜よりも温野菜が優れているの情報を更新しました。
●2014/08/20
野菜があればこれからの生活は安心ですの情報を更新しました。
●2014/08/20
運営者情報の情報を更新しました。

野菜があればこれからの生活は安心です


野菜にはいろいろな栄養が含まれている

カロテンという成分は、いろいろなガンに対して有効と言われています。

食道ガンや胃ガンなどだけではなく、前立腺癌などにも有効だと言われているのです。

しかもカロテンは病気全般に対して抵抗力を付けてくれるので、とても魅力のある栄養素なのです。

ビタミンB1は糖質の燃焼に必要なものなので、エネルギーを作る為に必要な栄養になります。

ビタミンB1が不足してエネルギーが作れないようだと、疲れやすくなってしまうことがあります。

身体がだるいときなどは、ビタミンB1が不足しているのかもしれません。

ビタミンB2にも同じような働きがあり、脂質や蛋白質、糖質などをエネルギーにする際に必要となるのです。

ビタミンCはよく聞くかもしれませんが、風邪などに対する抵抗力を強めてくれます。

ウイルスに対して役に立つだけではなく、肌を若々しく保つ為にも役に立つのです。

シミやソバカスなどが気になる女性には、ビタミンCをよく摂取する人が多いようです。

ビタミンDに関しては、カルシウムの吸収を助けてくれるのです。

カルシウムが不足するとイライラしやすくなると言われていますから、カルシウムと一緒にビタミンDも摂取するといいかもしれません。

ビタミンEは老化防止に効果があると言われており、若々しくいたい人はビタミンEを摂取するといいかもしれません。

血管にコレステロールが付くのを防いでくれるので、血液の循環もスムーズになるのです。

食物繊維は便秘に有効だと言われていますし、これは大腸ガンの予防にも繋がっていくでしょう。

ナトリウムと結合して排出されるので、塩分の摂りすぎにも効果が期待されます。

食物繊維は便秘に対する効果が有名ですが、他にも色々と有効なものなのです。

カルシウムは骨の成分ですから、これが不足すると骨そのものが脆くなることがあります。

他にも不足するとイライラするなど、精神的な部分でも必要な栄養素なのです。

鉄分が不足すると貧血になるのは有名ですが、血液を作るのに必要な成分なので、不足すると他にも疲れがとれにくくなる事もあります。

カリウムには体内の塩分を排出する働きがありますが、これは高血圧や動脈硬化症に対する予防効果や改善が期待されるのです。

いろいろな栄養素がありますが、それぞれ違った働きをするだけではなく、他の栄養素の助けになるものもあるのです。

嫌いな野菜ほど栄養は豊富に含まれている

タバコは健康に良くないと言われていますが、ビタミンCを破壊することが分かっています。

タバコを1本吸うだけで、レモン1個分程度の体内のビタミンCが破壊されてしまうのです。

これは25㎎程度の量になるのですが、実際には25㎎~100㎎のビタミンCがタバコ1本で破壊されてしまうのです。

成人1日の摂取目安量とされているビタミンCは約50㎎ですから、相当な量が破壊されてしまうと考えた方がいいのではないでしょうか。

禁煙をするのが一番健康にはいいのでしょうが、喫煙を続ける場合にはビタミンCの摂取を考えましょう。

野菜にはビタミンなどの栄養素が含まれていると分かっているものの、やはり嫌いな人もいるでしょう。

子供の頃から嫌いな場合でも、大人になると好きになるという事もあります。

大人は栄養のことも考えて、嫌いでも食べる努力をする事もあります。

ですが子供にも野菜を食べさせたいでしょうから、色々と苦労をしている人もいるでしょう。

ピーマンなどは嫌いな野菜の代表のようになっていますが、細かくしていろいろな料理に混ぜる方法もあります。

ギョウザや春巻きの具には混ぜやすいかもしれませんし、カレーなどに混ぜると匂いからも分かりにくいでしょう。

やはりピーマンなどの匂いの強い野菜は、それを誤魔化すことが重要になってくるようです。

ホウレン草も栄養価の高い野菜の一つですが、これが苦手な場合にはラーメンの具材として食べると食べやすいかもしれません。

好きなものと一緒に食べることで、抵抗も少なくなるのではないでしょうか。

野菜ジュースにしやすい野菜ですから、他の好きな具材と一緒に野菜ジュースにしてもいいかもしれません。

ワカメやコンブ、ヒジキといった海藻類もビタミンやミネラルが豊富だと言われています。

食物繊維も豊富ですし、ヨードやカルシウムも含んでいるのです。

ヨードは子供の成長にも必要なものですから、海藻類も摂取したいものです。

コンブなどはだしに使われるように、旨味成分であるグルタミン酸も豊富なのです。

野菜不足で栄養不足にならないようにしよう

ビタミンやミネラルは、とても大切な栄養素となっています。

ですから欠乏すると体調が崩れることもありますし、それだけではなく病気になってしまうこともあるのです。

健康を維持していく為には、必要な量のビタミンやミネラルを摂取することが大切なのです。

野菜にはこういった栄養素がたくさん含まれているので、厚生労働省から1日350gの野菜の摂取が推奨されています。

実際に毎日量を気にしながら野菜を食べるのは大変ですが、美味しい野菜も色々とありますから、出来るだけ毎日野菜を食べるようにしましょう。

もちろんいろいろな野菜があれば、その中には好きな野菜もあるでしょうし、逆に嫌いで食べたくない野菜もあるでしょう。

野菜に含まれる栄養素としては、ビタミン類はもちろんですが、他にもカルシウムやカリウム、鉄などがあるのです。

もちろん食物繊維も豊富に含まれていますから、出来るだけ好き嫌いなく食べられた方がいいのです。

野菜を食べずに栄養が不足してしまうと、抵抗力も弱くなってしまうのです。

そうなると病気にもかかりやすくなりますし、普段から疲れやすいといった悩みが出てくることもあります。

野菜を食べずに食欲抑制剤を飲んだり、脂っこいものばかり食べていると、悪玉コレステロールが増える原因にもなるので、病気の原因を増やす事にもなるので注意しましょう。